MENU

使わなくなった着物ってどうすれば良いの?

着物買取

 

使わない着物なら処分すれば良い!

 

着物は高価なものです。
母親、祖母から受け継いで持っている人もいるでしょう。

 

今まで家族が使ってきた着物を捨てるというのはちょっと・・・
簡単に捨てられないものなんですよね。
でも使わずにタンスの中にしまっておくのも可哀想じゃないですか?
だったら、その着物を買取してみませんか?

 

捨てるというのは抵抗がありますが、買取であればお金になるし、いつか違う人が購入して使ってくれる可能性があります。

 

自分の着物がどれぐらいで売れるのか、調べてみるだけでも構いません。
高い値段でもやっぱり持っていたいと心変わりをすれば、査定のみで買取しなくても良いので。

 

査定方法も、いろいろ出てきています。
店頭買取だけじゃなく、出張買取や宅配買取などがあります。
自分の都合で選べるので、オススメです。

 

仕事が忙しい人は、宅配買取が良いです。
お店まで距離がある場合は、出張買取で家まで来てもらう事ができます。

 

少しでも高い値段で買い取ってもらいたい人へ

 

着物買取

 

着物というのは、品質や状態で値段が変わります。
今、どういう状態か査定を出す前に自分で見ておきましょう。
シミや汚れ・サイズなどです。

 

保存状態が良ければ、色落ちもしていないと思いますので買取価格も上がります。

 

糸が一箇所ほつれているだけでも値段はがくっと下がってしまいます。
自分で直せる所は直した方が良いでしょう。

 

着物を部屋で出す時は、床に汚れがないかチェックし掃除をした後で見ましょう。

 

掃除機をかけずに、そのまま床に広げてしまうとほこりがついてしまいます。
床を磨いておらず、食べたカスがそのまま落ちて着物に付着してしまったら取れません。

 

全体に広げたら、くまなく汚れやシミを、ほつれをみてください。

 

証紙があれば、買取の時に一緒に渡しましょう。
証紙は着物買取で、とても重要な役割を持っています。
値段も変わってきます。

 

証紙というのは、着物の生地や産地などが全て書かれているものです。

 

口頭だけでは、信用されないので、証紙があればそれが証明になり信用もあります。

 

自分が売る着物の相場はいくらぐらいなのか、事前に知っておきましょう。

 

何も知らずに持っていて、査定されてもそれが妥当な金額なのかわかりません。

 

訪問着や振袖であれば、買取価格は安いものだと1000円程度。
高いものだと数万円になります。

 

ネットなどで勉強してから、買取査定をすれば失敗しないです。
相場を知って、値段交渉もしやすくなりますからね。

小物関係は宅配買取で値段をつけてもらえるのか?

着物買取

 

宅配買取という方法がありますが、小物関係だけで査定をしてもらえるのか?
値段はちゃんとつけてくれるのか?
この点が気になる所でしょう。

 

業者によっては、反物でも買い取ってくれる場所があります。

 

傷がついていても、査定側がこの商品を再度売り直す事ができるか判断します。
売れないと思えば、買取を行ってもらえませんが、1000円でも良いから買い取れると確信した場合は、買取が出来ます。

 

そのためには、売る側が利益を生む事ができるか?
その辺で変動されます。

 

着物の場合は、シミがたくさんついていたり、汚れがたくさんある場合や劣化がひどい場合は難しいでしょう。

 

ただ、流行や柄によってはシミがついていようと汚れがついていようと買い取ってもらえる事があります。

 

生地によっても変わり、ウールなどはやはり劣化していき古くなると、買取できない率が高いので注意しましょう!

 

自分の力でオークションで売る方法もありますが、シミがたくさんついていると、後ほどクレームが来たりトラブルになる可能性が高くなります。

 

オークションは手配も面倒臭いですね。

 

家の近くにリサイクルショップがあれば、そこで売れるなら売っても良いと思います。
ただし、リサイクルショップはきちんとした査定が出来ないため、想像よりもはるかに値段が安くなってしまうかもしれません。

 

だったらネットで買取を行った方が手っ取り早く取引する事ができるのでおすすめですよ。

 

ネットの場合は、ホームページへ飛ぶと宅配買取の場合メールでやりとりするケースが多いです。

 

まずネットで申し込みをすると、24時間以内に電話がかかってきます。
(メールで返信の所もある)

 

住所を伝えると、その住所に梱包用のダンボールが届きます。

 

その中に商品を入れて、発送。
佐川急便かクロネコヤマトか郵便局に持っていき、着払いの伝票に書いて送る。

 

送料がこちらで負担する必要がないのは、非常に助かりますよね?

 

小物に関してですが、小紋や下駄など最近では人気になっているので、売れます。

 

七五三のシーズンになってくると、子供用の着物は特に売れるのでおすすめですよ。

 

業者によって違うので、事前に「〇〇の小物は買取対象になりますか?」と問い合わせをした方が確実です。

 

子供用着物もそうですが、帯がすごい人気なので帯は売れます!
名古屋帯やつけ帯ですね。

 

問い合わせをしてみて、買取できますと言われたら、早速取引を開始しましょう。

 

梱包して発送後に、業者側がチェックします。
チェック後連絡が来ます。

 

金額を言われて、その金額に納得したら振込口座に入金されます。

 

この時に金額が納得できなかったら、断っても大丈夫です。
ただここで注意しないといけない事が・・・。

 

それは断ったら、返送してもらわないといけませんよね?
この時にかかる返送の送料代を負担しないといけません。

 

ネットでどこの業者が良いのか、調べてみましょう。
評価が良い所はやはり、専門業者です。

 

家の近くに、老舗店など着物専門店があれば、そこで買取をしてもらっても良いですが、ネットの方が高く買い取ってもらえるかもしれません。

 

筆者は基本ネットです。
着物関係をたくさん持っているのであれば、査定を1回行ってもらいましょう。
有名作家のものであれば、高価買取があり得ます。

このページの先頭へ